忍者ブログ

とっぱつ

無題
end startから出てくるキャラクター及びhosokuの楽しい現実のネタバレ語り注意


コネコミエールさんがマジで可愛いから勢いで描いたもの。
だって「○○しゃまあああああ」って言ったりやねこのこと純粋に「あの子可愛かったな」なんて言っちゃうんですよ。萌えるしかないじゃないですか

でもやっぱりコネコミエールにすごく興味をもった要因はhosokuのたのしいげんじつですね。
ソラの処分を任されたコネコミエールが大人げない事言っちゃったりしたあげく結局情がうつってソラが自宅へ帰る事を許可してしまうい、自宅に帰すという情けをかけたせいで町の人々によってソラが無惨に死亡するわけですが

まあ人によってはこのシーンであまりの無知さに苛立ちを覚えるでしょうが
自分としてはこの「たのしいげんじつ」のシーンをふまえてコネコミエールが後編でどうなるのかとても気になるんですよ。
こうした経験によってザイジョーインのように歪んでしまうのか、それともスモークフィルのように正常な精神のままでいられるのか。
(自分としては正常な精神のままでいてほしいですが…)

まあ前半のようにかわいいコネコミエールではいられないのは確実かなあ。と

ところでソラを城外に逃がすところをロマノアが見て「小物だと思っていたけど結構やるね」と言ったシーン。プレイ中はロマノアってそういう事褒めたりするんだ、やっぱりかわいい!とかぼけたこと思ってましたがシナリオ終了後にうわあ…って思ったの自分だけじゃないですよね。
ロマノアはコネコミエールが「ソラを自宅に返して安心させてあげたいから」じゃなくて「ソラを自宅に帰して町の人々に処刑させる」と思って「結構やるね」って言ったわけですよね。怖いなあ・・・
なのに可愛いのは何でなんだろうか。

拍手[2回]

PR

コメント

コメントを書く